アコースティックギターを楽しもう

アコースティックギターを楽しもう

ギターはピアノと二分する人気を誇っている

幼少期の頃、教養のために楽器を勉強していましたと答える人はそれなりにいると思います。筆者は子供の頃楽器などの音楽に触れる環境にいなかったので、最低限小学校などの授業で軽く触る程度の学習程度でした。あとから、母が実はピアノを習わせたかったと話していたのでどうして実行に移さなかったんだ母! と内心恨めしく思ってしまった時期もありましたが、それはそれで放っておこう。楽器を習わせるならピアノというのはどこか定義された固定観念かもしれませんが、定番としては十分に習わせるだけの価値があるのはいうまでもない。ピアノを習っておけば手首や指の柔軟性が付き、更に楽譜を見て暗記しなければならないので自動的に脳の機能をフル回転しなければ、授業に追いつくことは難しい。まだ小さいころに習わせておけば問題ないという人もいるかもしれないが、それは習う本人の性格など個性としての部分に左右されるのではないだろうか、と私個人としては考えている。ピアノは楽しいけど、ピアノを習う授業が嫌いだから楽器が嫌いになった、なんて経験をしたという人がいてもおかしくない。楽器に対して抵抗感などを持たせてしまえば、その時点で習い事における目的は十二分に全うすることはできないと断言しても良い。子供に忍耐力を求めるほうが間違っているのだが、そこを強制すると後から色々と面倒な問題が噴出することになりかねない。

音楽家として活動している両親、もしくは片親という生活環境に入れば楽器を習う事は当然のことかも知れない。実際に今現在の日本の音楽界で活躍している有名人の歴史の略歴などを見てみると、『習っていた』、というより『習わされていた』と表記されている箇所を見るところが多く感じられる。それはあくまで本人が好き好んでいたわけではないという表れが少しばかり介在しているのではないだろうか。定番の習い事として人気のピアノですが、持続して長期間習わせるとしたらいかにして好きになってもらうかというところ、つまり親の頑張りに左右されるだろう。ここも配慮の仕方によっては才能が開花しなくても、技術として磨き上げられた能力が別の方面で発揮されるなんてこともあるかもしれないからだ。何もピアノ以外の楽器だけでなく、音楽そのものを生涯の仕事として行く覚悟が決まるかもしれない。

ここで一つ提起してみたいことがある、それは幼少期に習わせる楽器をピアノではなく『ギター』を習わせてみようと考えている人がどのくらいいるだろうかということを、考えてみたい。何も情操教育のためにいいのがピアノというわけではない、つまり音楽であれば何でもいいのではないだろうかと、やや暴力的な言葉かもしれないがあながち間違ってはいないとも思っている。

そこで少し子供の習い事としてギター、というテーマで調べてみたところ意外なほどに情報が散見されたところを見ると、それほど新しすぎる考え方ではないくらい子供のころにピアノではなくギターを習っていた、という意見などを見つけることが出来ました。ギターといっても、何も大人用を子供に持たせて、さぁ弾いてみろという投げやりなことではなく、もちろん最初が子供用ギターから基礎を勉強して行くことになる。ギターの種類にしても音楽バンドに見られるエレキギターなどではなく、クラシックギターとなっているので音の広がりと楽しみ方を学べるという点では、申し分ない。

ギターを弾いているなんて不良のしていることだ、そんな見方をされていた時代もあったと思いますがそれも、どのギターを勉強しているのかでまた偏見は解消されていくと思う。クラシックギターならそこまでおかしなこともなければ、むしろ音楽としてこれほど初心者が学べるという点ではピアノと同様に子供目線でも、習わせることに抵抗感を抱く人はむしろ少ないくらいだろう。それは何も子供だけではなく、いい年した成人も十分その一例に当てはまるといえる。だからこそギターも昔から人気の高い楽器として語られており、またその人気がピアノに負けず劣らずであるというのも納得できる。

ギターはギターでも

現在でも人気の高いギターですが、習うとしたらクラシックギターが最適という声もありますが、私個人としての意見で言うならアコースティックギターを勉強してみるのもありだろうと思います。アコースティックギターも確かに見た目はクラシックギターとほとんど代わりがないものとなっていますが、各部分で使用している材料などが異なっている。初心者では見分けが付かないなんてこともあるかもしれないので、ここでアコースティックギターとクラシックギターの違いについて話をしてみよう。

まず始めに一般的に言われているそれぞれの定義としてはから見てみよう。

アコースティックギター:張られた弦を何かしらの手段で弾くことによって音を反響させて、楽器から直接音を奏でることができる。

クラシックギター:ガット・ナイロン・フロロカーボンなどの弦が張られているギター。

はいっ、これでは何も知らない右も左も分からない人からすればさっぱりだと思うので、もう少し話を進めていこう。アコースティックギターとクラシックギターの大きな違い、というより初心者でもすぐに両方の内どちらの楽器なのかを詳細にしていくと主に三つの異なる点が出てくる。

アコースティックギターとクラシックギターの違い

1:それぞれの楽器で使用されている弦が異なっている
まず最初に違う点として挙げられるのは、張られている弦だ。アコースティックギターに張られている弦は『スチール弦』という硬めの弦となっており、それに対してクラシックギターの場合は『ナイロン弦』となっている。この部分をキチンと把握していないと、本当はスチール弦が必要だったのに、間違えてナイロン弦を買ってしまったなどということになりかねないからだ。うっかりさんにならないように、先ずはその違いをキチンと把握しておく。
2:弦の巻き取り部分が異なっている
ギターの一番肝心な部分となっている弦の硬さもそうですが、弦が巻きついている部分が違っている。アコースティックギターの場合は『ソリッド・ヘッド』という、ヘッドに穴が開いていない糸巻き支柱に巻き付けられているものが採用されている。一方でクラシックギターの場合は、『スロテッド・ヘッド』という片側3つの糸巻きが付けられており、ヘッドに細長い穴が二つあってそこを貫通した6本のスロテッドにそれぞれ弦が巻きついているものとなっている。ただこちらについては逆バージョンもあるため、必ずしも判別できるわけではない。
3:ブリッジでの弦固定の仕方が異なっている
ギター本体に付けられている弦がどのようにしてギター本体に固定されているのかという判別も出来る。まずアコースティックギターの場合はブリッジピンで固定されている。ここで自分に適した硬さに調節などをしていく。反対にクラシックギターの場合については、弦をブリッジに直接巻きつけて結んでいるところが異なっている。

アコースティックギターを学んでみませんか?

アコースティックギターとクラシックギターについての違いについて軽く列記してみましたが、楽器の種類が違うというのは何となく分かるけれどクラシックギターとどこが具体的に違うんですかと聞かれたら説明しなければならないので、ここで簡単にアコースティックギターについて読み解いていこうと思う。まず簡単にアコースティックギターの魅力を話していきますが、その醍醐味としてはエレキギターで用いられるアンペアなどを使用して音を増幅しなくても、様々な音を奏でることができるのが最も大きな特徴だ。ギターを買うとなったら先ずは本体とアンペアと、それから教本やらなんやらといった混み込みしたものを購入していかないといけなくなるのは、しょうがない。

それに対してアコースティックギターは本体と教本の二種類だけ手に入れれば、後は地道に勉強して行けば上達も間近となるのは夢ではないだろう。上達、という言葉を使用しましたがここで使った『上達』というのは、アコースティックギターというだけに留まらない全般的なギターを基礎から学べることが出切るとも言われているのです。ギターを学ぶという意味で、ギターにおいて肝心な弦の押さえ方はもちろん、握力なども鍛えられるという点から将来的なことを考えるとアコースティックギターを習っておくことに越したことはないとも言われています。

そういわれたので少し調べてみると、確かにギターを本業としている人々の経歴などを見れば何もエレキギターだけに限らず、様々なモデルのギターを必ず触っているという人もいるそうです。ここから先は個人の考え方によるところかもしれませんが、もしかしたら一番初めに習うとしたらクラシックギターなどよりもアコースティックギターを勉強した方がいいのかもしれませんね。

ではここからはそんなアコースティックギターについて、個人的な考察を加えつつ話を展開していこうと思います。途中にかなり独断的な発言が出てくるかもしれませんが、ご愛嬌ということで予めご了承ください。