【生き語りVol.3】『僕は歌い続けて、売れたい』たこ

原颯大
今回で第3回目の投稿になるコムメディ。
3人目のアーティストはたこさんです。
たこさんの過去、楽曲制作、音楽に対する思い。
ぜひお聞きください。

プロフィール


アーティスト名:たこ
ジャンル:J-pop
活動拠点:京都、大阪


7月16日(日)14:27〜

動画撮影終了後、COMスタジオにて

インタビュースタート


原颯大
今日はどうぞよろしくお願いします。
ではまず、このページを見てくれている人々へ向けて、自己紹介をお願いします。
たこ
よろしくお願いします。
自己紹介ですか。。
シンガーソングライターのたこと言います。
弾き語りをやっています。
キャッチーなわかりやすいメロディーとわかりやすい言葉で歌う人です。笑

母に負けたくなくて始めた音楽


原颯大
ありがとうございます!笑
では早速質問に入っていきます。
抜群に歌が上手く、ライブや楽曲制作など現在勢力的に活動されているたこさんですが、音楽を始めたきっかけは?
たこ
親の影響ですね、おそらく。
母が歌めっちゃうまくて、たまにクラブで歌うようなジャズシンガーで。
そんな母を見て負けるのが嫌だったから、歌を始めました。
原颯大
なるほど、お母様の影響だったのですね。
ちなみにそれは何歳くらいのことですか?
たこ
歌はちっちゃい時からずっと歌ってて。
もっと上手くなりたいと意識し始めたのは小学校高学年くらいです。
原颯大
スタートがとても早いですね。。
たこさんの歌唱力の理由が、今わかりました。
歌は小学校高学年から、お母様の影響で始められたみたいですが、ギターや曲作りなど、本格的に音楽活動を始められたのはいつ頃からですか?
たこ
本格的に自分の曲をつくり始めたのは高3の受験が終わってからです。
なので、1年半ほど前からですね。
音楽活動はシンガーとしては高2の頃からやっていました。
ちょくちょくライブハウスで歌うくらいでしたが。笑

全てを超えてくるライブに感銘

原颯大
ありがとうございます。
始めてから1年半ほどで、あれほど素晴らしい曲をつくっていたのかと思うと驚きです。
では、次の質問へ。
少し唐突な質問ですが、最近たこさんに起こったビックニュース、お教えください。
たこ
ビックニュース、、
何かあった気がします。。
あ、この前sumikaさんのライブを観に行ったんですけど、一つの分岐点になるんじゃないかというほど感銘を受けました。
すごかった。
音源をあんなに超えてくるのかと驚きました。
今まではEXILEさんとかのライブに行くのが多くて。
ああいうライブは、もう音源通りって感じじゃないですか。
いい意味でも悪い意味でも。
それはそれですごいんですけど、sumikaさんのパフォーマンス、演奏から全てにおいて思ってたものを超えてくるあたり。
バンドってすげえ、sumikaさんってすげえと思いました。

感情のピークで歌詞が浮かぶ

原颯大
そこまで人の感情を揺さぶるライブって、素敵ですね。
sumikaさんのライブ、僕も一度観に行ってみます。
ありがとうございます。
では次の質問へ。
たこさんはたくさん曲を作っていると思いますが、曲はどんな時に、どんな風にできますか?
たこ
僕は先に歌詞が出てくるんです。
感情が上がったり落ち込んだりした時のピークにポンと歌詞が浮かぶ感じです。
歌詞は思ったことをそのまま書いてるんです。
できない時は本当にできないです。笑
原颯大
大きく感情が揺さぶられた時に、曲ができるのですね。
それにしても、歌詞が先って珍しいですね。
歌詞が先で、次にメロディーをつくるのですか?
たこ
いや、歌詞の次にコードなんです。
歌詞、コード、メロディーの順番でつくります。

僕は歌い続けて、売れたい


原颯大
なるほどです。
かなり独特な曲作りの結果、あのような素晴らしい曲ができていたのですね。
ありがとうございます。
それでは、最後の質問へ。
たこさんの音楽活動での目標、夢などあればお教えいただきたいです。
たこ
えーっと、、
単刀直入に言うと、僕は売れたいです。
うーん、、売れたい。笑
原颯大
ありがとうございます。
音楽をしていてそう思うのは、当たり前だと思います。
それではその、たこさんが思う売れたと思う、満足するであろうラインなどは決まってますか?
たこ
うーん、わからないです。
僕が満足したら多分音楽を止めてしまうと思うし。
売れるっていうのが基準かどうかも今はわからないし。
でも僕はまだまだ満足してないんで、歌い続けると思います。

あなたのおかげでやりがいを感じる

原颯大
ありがとうございます。
たこさんの実力と年齢を考えたら、行動次第でかなりの確率で売れると思います。
それでは最後にこのページを見てくれている方々へ向けて、一言メッセージをお願いします。
たこ
うーん、なんだろう。。
恥ずかしいな。笑
いつも支えてくれてる、見に来てくれる人が1人でもいるだけで、あなたのおかげで僕はとてもやりがいを感じます。
本当に感謝してます。
ありがとうございます。
原颯大
ありがとうございます。

これからもたこさんのご活躍、楽しみにしています。
また新曲聞かせてくださいね。
今回は取材を受けてくださり、本当にありがとうございました!

たこさんのスペシャルムービー

たこさん各種SNS

Twitter:たこ

YouTubeチャンネル:たこちゃんねる

LINE@:たこオフィシャル
1stシングル『オモイオモワレ』販売ページ:COM’s CD SHOP

インタビュアーの一言

原颯大より

たこさん、今回は取材を受けてくださり、本当にありがとうございました。

何だかんだで、たこさんとは少し長い付き合いになってきました。

CD制作や企画ライブなど、新しい取り組みに挑戦するたびに成長していくたこの姿に、僕たちはとてもワクワクしています。

何より歌が上手くて、作る歌も最高です。

そんなたこの作る歌、皆さんも是非一度聞いてみてください。

1stシングル、『オモイオモワレ』は本気でオススメです。

おそらく彼は彼なりにこれからも一歩ずつ前進し、売れるでしょう。笑

僕たちはいつまでもたこの音楽活動を、応援していきます。

アーティスト:たこ

インタビュー:原颯大

同行:高木怜

ライティング:原颯大


※この記事はcom-medi.comより転記いたしました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸板宿ライブバー『ITAZYUKU』オーナー兼、株式会社アーティスポンの代表をしています。 圧倒的な肩書き負けに怯えつつ、毎日15時間は働く日々です。 いいサービスを提供できるよう、いい記事を書けるように精進します。 どうぞよろしくお願いします。