初めてのギター!購入時はここに注意して!【失敗しないアコギ選び】

こんにちは。

弾き語り.jpの管理人、原颯大です。

 

「ギター、弾き語りを始めよう!」

そう思ったらまず始めに、ギターを購入しないといけません。

これがギターを始める第一ステップです。

 

ギターのことなんて、右も左もわからない。

初めてのギターはそんな状態で選ばなければいけないのです。

 

なのでギター選びを失敗する人もちらほら。

 

そこで今回は、失敗しないギター選びについてお話しします。

アコースティックギターにも種類がある?【アコギ・エレアコ・ミニギター】

まず、ひとことにアコースティックギターといっても、3つの種類があることをご存知ですか?

1つ目がアコースティックギター(アコギ)

これは皆さんが思い描かれるような、シンプルなアコギです。

 

2つ目はエレクトリックアコースティックギター(エレアコ)

このエレアコはただのアコギではなく、アンプに繋ぐことができます。

こんな感じで、ギターのボディにしっかりとつまみがついています。

簡単に言うと、エレアコはアコギとエレキギターの合体バージョンです。

 

そして3つ目はミニギター

これは最近流行している、通常のアコギよりも一回り小さなギターのこと。

ウクレレと変わらないほど小さくて、弦もしっかり6本あるんです。

全体的にミニサイズなため、女性や子供も弾きやすいと大人気。

 

このアコースティックギター3種類は、しっかりと把握しておきましょう。

初めてのギターはアコギかミニギターが無難!

アコースティックギターには3つの種類があります。

しかし初心者の方はまず、アコギかミニギターを購入されることをおすすめします。

エレアコも悪くないのですが、値段が高い上に、エレクトリックの使用場面がとても限定的です。

せっかくの高機能が手持ち無沙汰になることが多いのです。

 

「人前でライブすることを目指している」

「路上ライブをしたい」

このように考える人は初めからエレアコを買うべきですが、そうでない人はアコギかミニギターで十分です。

まず、ギターを買う予算を決めよう。

ギターの種類について把握できたら、次はギター購入にあてることのできる予算も決めておきましょう。

予算を決めずに、ギター選びを始めてしまうと、収拾がつかなくなります。

なぜならいいギター・かっこいいギターは山ほどあり、それらはとても高額だからです。

ギターは予算の範囲内で選ぶようにしましょう。

 

店員さんにオススメを聞くときでも、まず予算を伝えるとスムーズです。

次に、自分のお気に入りギターを見つけよう。

先に決めた予算内で、あなたのお気に入りのギターを探しましょう。

これは、メーカーから入るもよし、ギターの色からはいるもよし、ボディの形から入るもよし、実際に弾いてみて決めるもよし。

あなたがこれだけと思う選別方法から、お気に入りのギターを見つけましょう。

 

そして1つ注意点。

楽器屋さんで購入する場合は、必ず試奏をするようにしてください。

見た目はいいけど、弾き心地はイマイチということもあります。

 

しかし格安の初心者セットに限っては、試奏なしで購入してもOKでしょう。

多くの場合、初心者セットは通販でしか販売していないため、試奏はできないのです。

最後に。一般的なギターの相場も知っておこう

最後になりますが、一般的なアコギの相場も知っておいてください。

 

平均的なギター購入の相場としては、

  • 最安値の初心者セット(道具付き):15,000円前後
  • 購入から数年は使える少しいいもの:350,000
  • 思い切って奮発、ずっと長く使えるもの:50,000円〜

といったところでしょうか。

あくまでも目安ですが、大体このような相場になると思います。

 

いかがでしたか?

ここまで、初めてのアコースティックギターの選び方について見てきました。

どちらにせよ、あなたの予算内で、お気に入りのギターを購入するのが一番です。

 

ギターは生活を豊かにするための趣味の1つ。

高額なギターを買って生活が苦しくなっては、元も子もありません。

 

あまりいいギターを買おうと無理しすぎないように気をつけてくださいね。

あなたに合ったいいギターを購入できますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸板宿ライブバー『ITAZYUKU』オーナー兼、株式会社アーティスポンの代表をしています。 圧倒的な肩書き負けに怯えつつ、毎日15時間は働く日々です。 いいサービスを提供できるよう、いい記事を書けるように精進します。 どうぞよろしくお願いします。