【音楽活動のお金管理】アーティストは個人事業主?お金の管理は財布を分けて!【売上・経費】

こんにちは。

弾き語り.jpの管理人、原颯大です。

 

皆さんは、お金の管理がしっかりできていますか?

お金の管理とはすなわち、入ってくるお金と出て行くお金(収支)を管理するということ。

 

個人でのお金の管理ももちろん大切です。

だけど個人のお金管理以上に、仕事でのお金管理は大切。

 

アーティストが行う音楽活動でも同様に、お金の管理は重要です。

仕事のお金を管理せずに放っておくと、いつの間にかお金が尽きて、どうしようもないという状況になりかねません。

 

ということで今回は、音楽活動におけるお金管理について」見ていきたいと思います。

音楽を仕事と捉えるなら、アーティストは個人事業主!?

まず音楽活動とは、何なのでしょうか。

音楽活動とは、アーティストが自らの楽曲、価値を人々に広める伝えるための活動を言うのだと思います。

 

もっと現実的に言うと、歌を歌って(つくって)、その対価としてお金をもらう活動です。

 

そう考えると、アーティストとして音楽活動をするのは、個人事業主としてビジネスをするのと大差ありません。

 

音楽活動も立派な仕事です。

少し硬くいうと、アーティストは個人事業主ということになるのですね。

音楽活動にかかるお金は、個人のものと分離して管理しよう。

そして、音楽活動を仕事として捉えるなら、あなた個人のお金と活動に関するお金は絶対に分離すべきです。

 

多くのアーティストが、個人のお金と活動に関するお金をごちゃ混ぜにしてしまっていると思います。

これでは、

  • あなたは音楽活動でどれだけお金を消耗しているのか。
  • その活動の成果として、どれだけのお金が儲かったのか。

分かるはずもありません。

 

これはもし、音楽活動が赤字になっていても、気がつかないということです。

そう考えると、少し怖くないですか?

 

それでは今から、音楽活動におけるお金管理の具体的な方法を見ていきましょう。

まず、音楽活動用の財布を持って、収支を記録しよう

個人と音楽活動のお金管理を分けるもっとも簡単な方法は、財布を別にしてしまうこと。

 

少し難しく言うと、まず音楽活動用にお金(資本)を入れてしまうのです。

そして音楽活動でかかったお金(経費)はその資本から出す。

逆に活動によって儲かったお金も、その資本に入れていく。

このお金の出入りを、日々記録していくのです。

 

しっかりとお金の管理をするなら、こういった方法が必要です。

 

とは言っても、収支の記録が定着するまでは、面倒くさくてなかなか続かないのも事実。

はじめの1ヶ月は、とにかく気合いで続けてみてください。

 

そして毎月の終わりに、それだけのお金が出ていき、入ってきたのか。

毎月収支を確認するのです。

そうすると、あなたの音楽活動に関するお金の改善点、良いところが見えてきます。

音楽活動におけるお金管理【売上、経費】

最後に、お金管理に関する簡単な知識もお伝えしておきます。

これらの言葉の意味を理解しているだけでも、お金の管理がスムーズにできるはずです。

【経費】音楽活動にかかる、出ていくお金

活動にかかるお金を、経費と言います。

交通費から、楽器維持費、ライブ出演料、人件費まで。

音楽活動をするには、お金がかかります。

 

これら音楽活動によって出て行くお金の全てを、経費と言うのです。

【売上】音楽活動によって入ってくるお金

経費を使って音楽活動をした対価として、もらうお金を売上と言います。

売上は簡単にいうと入ってくるお金、儲けですね。

 

CDが売れた時にもらうお金、ライブをしてたくさんお客様を呼んで箱からもらうバックチャージ、路上ライブでの投げ銭など。

とにかく入ってくるお金が売上に該当します。

【利益】売上から経費を引いた残り

そして、売上から経費を引いた残りのお金のことを、利益と言います。

赤字、黒字といった言葉を一度は耳にしたことがあるのではないですか?

利益が残った場合は黒字、利益が残らずに経費の方がかかってしまった場合は赤字となるのです。

 

そして赤字になってお金のやりくりが完全にできなくなった時に、会社は倒産してしまいます。

会社と同様音楽活動でも、赤字を続けていればいつかお金が尽きて、活動ができなくなってしまいます。

売上、経費、利益の簡単な計算例を紹介

最後に、売上・経費・利益の計算について簡単な例を挙げて見ます。

 

音楽活動をしているシンガーソングライターのAさんはある日、

  • 2000円の交通費を使い、出演料が5000円かかるライブに出演しました。
  • そのライブでお客様を10名呼べたため、ライブハウスからチャージバックを8000円貰い、さらに500円のCD10枚売れました。

 

この例で計算してみると、

売上は13000円。経費は7000円。

この日の活動によって残った利益は、6000と言うことになります。

こういったイメージで、毎日のお金の出入りを記録して行くのです。

 

 

いかがでしたか?

 

今回は音楽活動におけるお金の管理方法について、詳しく見ていきました。

 

お金を話題に上げると、一気に現実味が出てきましたね。

音楽活動をされているアーティストの方は、ぜひ今日から、音楽活動用の財布を作ってみてください。

 

きっとはじめは、思っていた以上にお金がかかっていて、驚くと思います。

だけどそれに気がつけば、改善していけばいいだけ。

 

仕事のコツは、売上を最大限に伸ばして、経費を最小限に抑えることと言われています。

音楽活動に関するお金の管理を初めて、あなたの活動にかかっているお金、儲かっているお金を把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸板宿ライブバー『ITAZYUKU』オーナー兼、株式会社アーティスポンの代表をしています。 圧倒的な肩書き負けに怯えつつ、毎日15時間は働く日々です。 いいサービスを提供できるよう、いい記事を書けるように精進します。 どうぞよろしくお願いします。