音楽をすれば誰でもモテるの!?アーティストがモテる理由を考えてみた。

こんばんは。

Hikigatari.jpの管理人、原颯大(@soudai1216)です。

 

突然ですが、皆さんは音楽をしている人に対して、どんな印象を持っていますか?

  • かっこいい。
  • モテている。
  • すごい。

こういったプラスの印象が比較的多いのではないでしょうか。

 

事実、学生時代に音楽をしている人はモテていたような。

そんな記憶が残っていたりもします。

 

そして実際に、多くのアーティストにはファンがついていて、まさにモテモテの状態です。

 

なぜアーティストはそんなにモテるのか。

音楽を始めれば誰でもモテるようになるのか。

 

気になったことはありませんか?

今回はそう言った音楽とモテの疑問について、考えてみようと思います。

アーティストはモテるって本当?

まず、アーティストがモテるというのは本当なのでしょうか。

先に結論を言ってしまうと、アーティストはモテています。

 

駆け出しのアーティストでさえ、追っかけがいたり。

少なくとも恋愛ソングを作れるくらいには、モテていると考えて間違えないでしょう。

 

そこそこ実力のあるアーティストとまでなると、ファンもたくさん。

ファンがたくさんいる=超モテていると解釈して相違ないと思います。

 

ではなぜ、アーティストはそれほどまでにモテて、魅力的に見えるのでしょうか。

いくつかの理由を考えてみましょう。

アーティストがモテる理由。魅力を4つあげてみた。

アーティストがなぜモテるのか、4つほど推測ができたので順に書いていきますね。

普通じゃないところに惹かれる。

アーティストは単純にアーティストというだけで、普通の人じゃない感じがしますよね。

  • ライブをやっている。
  • オリジナル曲を持っている。
  • CDを売っている。

たとえアマチュアアーティストでも、それだけで普通の人ではない気がしてしまいます。

 

女性は普通じゃない人に惹かれるものなのでしょう。

 

少しミステリアスな感じもいいのかもしれません。

人前で何かをできるかっこよさに惹かれる。

これは男女問わず、当てはまるのではないでしょうか。

 

スーテジの上で、自分の才能を表現する。

それってとってもキラキラして見えますよね。

 

普段はあまり気にならなかった女性も、ステージ上では5割増しで可愛く見えたりします。

 

人前で何かをするということは、それだけ度胸も必要。

誰でもできないことをしれっとしている、かっこよさに惹かれるのでしょう。

感性が豊かで純粋なところに惹かれる。

そして、アーティストといえば感情が豊かな人が多いのではないでしょうか。

どんなこともまっすぐに受け止めて、感情を表現する。

 

泣いたり笑ったり、比較的喜怒哀楽がはっきりしているのも特徴だと思います。

じゃないと、人を唸らせるいい曲なんて作れませんよね。

純粋で子供らしさを忘れていないところが魅力的なのでしょう。

 

多くの人はアーティストが持つ、純粋な心に惹かれるのかもしれません。

(もちろん中には、純粋でないアーティストもいるとは思いますが、、笑)

一つのことに一生懸命な姿勢に惹かれる。

そして何と言っても、これが一番大きい理由なのではないでしょうか。

一つのことに熱中している人って、本当にかっこいいし輝いていますよね。

 

男からみてもカッコいい男性アーティスト。

女から見て憧れる女性アーティスト。

 

同性からもモテる人間が、異性からモテないわけがありません。

 

何か一つのことに一生懸命な人は、応援したくなるし、支えたくなります。

その支えたいという気持ちが、モテに繋がるのでしょう。

音楽をしている=モテるではない!その取り組み、姿勢がモテている?

アーティストがモテるのには、いろいろな理由があるのですね。

 

『じゃあ、音楽を始めれば誰でもモテるの?』

 

ちょっと待ってください。

そう単純なことではないかもしれません。

 

とにかくモテたいなら音楽を始めればいいのでしょうか?

逆に言うと、音楽を始めればモテるのでしょうか?

 

上記のアーティストがモテる理由をみてみれば分かると思いますが、音楽を始めればモテる訳ではありません。

 

音楽をしているからモテるのではなく、彼ら彼女らが一生懸命取り組んでいる姿、人間性などが魅力的でモテるのだと思います。

 

ただなんとなく音楽をかじってみただけではモテないのですね。

音楽を始めれば、必然的にモテると思っている人は、要注意です。

最後に~モテたくて音楽を始めるのは悪いことじゃない!だけど…?~

いかがでしたか?

ここまで、アーティストが魅力的に見える理由、モテる理由についてみてきました。

アーティストがモテる理由が少しは明確になりましたか?

 

そして最後に、少し面白いデータをひとつ。

 

あるデータによると、

  • ギターを始めた理由のトップは、モテたかったから(始めた理由の60%以上)。
  • そして、ギターをやめた理由のトップは、モテなかったから(辞めた理由の50%以上)。

とのこと。

 

現実は少し厳しいようです。

このデータをみると、音楽を始めてもそう簡単にモテるわけではないことがよりはっきりとわかりますね。

 

だけど、一生懸命音楽に打ち込んでいれば、いつか必ずモテます。

ファンができます。

 

その日を信じて、モテるアーティストを目指しましょう。

『モテたい』という動機で音楽を始めることは、悪いことではないと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸板宿ライブバー『ITAZYUKU』オーナー兼、株式会社アーティスポンの代表をしています。 圧倒的な肩書き負けに怯えつつ、毎日15時間は働く日々です。 いいサービスを提供できるよう、いい記事を書けるように精進します。 どうぞよろしくお願いします。