アコースティックギターの練習

アコースティックギターの練習

初心者は先ず勉強から

求めていたギターを購入することが出来たら、上級者やそれなりに出来る人は基本をもう一度おさらいしていかなければならない等の不都合はないでしょう。とはいえ、買ったばかりのギターが手に馴染むまでに時間を要することになるとは思うので、どの道どんな人でも使って数回程度は練習を兼ねたギターを弾かなければならないだろう。問題は初心者です、右も左も分からない人がいきなりギターで弾き語りができるかと聞かれたら、まず不可能だ。漫画みたいに見ただけでやり方を覚えてしまうなどという超人スキルを持っている人など早々いるわけではないので、地道な訓練から取り掛かっていくしかないだろう。

アコースティックギターを初心者が勉強して行くとなったら、実際に難易度的な問題としてどの程度のものなのだろうと不安を抱いている人もいるかもしれない。一言で言うなら、あまり簡単なモノではない事は事実だ。ピアノのように指一本で音が出るのであればいいが、ギターの場合は握力と弦の押さえ方などを勉強していかなければ、まともな音を出すことも出来ない。握力の問題は特に幼稚園頃から小学校低学年頃までの子供などは特にそうだ。子供用のギターがどの程度の力が必要なのかというのは、筆者も実物を見たことがないので定かではないがそれなりに力を要することになる。まして本来の大きさ、プロも実際に利用しているギターともなれば大きさに見合うだけの背丈と、弦を弾いて押さえるだけの力がなければスタートラインに立つこともできない。ただギターのこの関門以前の問題をクリアして、ようやく弾くことが出来れば音楽の楽しさを理解できる一歩手前までにいく事が出来るとも言われています。練習なんて面倒なことは皆嫌いだ、それこそテレビで活躍しているギタリスト並に引けるようになりたいという願望と共に下積みを積んでいくことになるのは仕方のないことです。そこを乗り越えていけばようやく魅力的なギターの世界を体感することが出来るといえるようにまで発展できる。

ここからは初心者の方を対象としたアコースティックギターの練習の際にこんなことに気をつけて行けばいい、というテーマと共に話をしていこう。

最初のステップは好きになることから

ギターを練習して行くことになる過程にいくと、結構重要になる要素があります。至極単純明快な理由で、これから先ギターを練習して行くことになったら上達するかどうかの境目となる要素が『ギターが本当に好きかどうか』ということだ。ばかばかしいと感じる人はいないだろう、むしろやっぱりそこが一番肝心なんだよなぁと思っている人もいるだろう。楽器ほどまずはその楽器を弾くことに対して好きになれるかどうかが肝となる。これは先に話した習い事としてピアノを勉強するという話と共通してくる。

そもそも習い事をするときこそ親が自ら率先して通わせようとするだろうが、その先になると親はどうすることも出来なくなります。それもそうだ、楽器を習うのは親ではなく習う本人の子供が率先しているかどうかで、今後の情操教育という意味によって左右されるだろう。確かにピアノやギターを始めとする音楽教室は非常に人気があります、ですが学習する子供自身が音楽に対して抵抗感を覚えることなく、自ら率先して勉強していこうという志を持っていなければいつまで経っても成長することなく、ズルズルといってしまう。しまいには教室も行かなくなってしまってしまうといったことになりかねない、こうなると本人として親としても何のためにお金を出してまで塾を行かせたのかと疑問に思ってしまうところだ。

アコースティックギターを習おうと思ったときも、先ずはギターそのものに対して好きでいなければ勉強しようという思いにも駆られないだろう。だからこそ初心者ほどギターを購入するとなったら、音ではなくギター全体のフォルムを重視して購入しようというのも、分かる気がする。どこかでギターは自分の一生涯のパートナーとして付き添っていくことを前提にしていくことが上達の第一歩だとも言われていますが、あながち間違っていないでしょう。

ギターは毎日触って、弾く!

好きになることも肝心ですが、その気持ちをいかに維持していけるかが勝負どころです。どんなに好きでもある経過を持ってしてギターそのものを嫌悪してしまうことにもなりかねない。この例は初心者には非常によくある話であり、最初は意気揚々とギターを勉強していこうとする気構えも出来ていた人が、突然放り投げて挫折してしまったなんていう人もいるかもしれません。ですがこの状況は何もギターだけではなく、ギターを始めとした楽器類にはよくある事例だと筆者は考えている。

音楽は好き、しかし楽器を引く事は抵抗感があるという一風変った感情を持っている人がいたとしよう。個人的に別に何もおかしいところはないと言える、何故なら自分で音楽を聞く分には問題ないんだけど自分から音楽を奏でる手段として楽器を持つ事は、過去の経験から敬遠しているというのもない話ではないだろう。実際に音楽が凄い好きで将来は音楽家として世界を目指して活動していこうと志高い感情を持っていた人が、夢を諦めてしまうなんて結末を辿るのはざらだ。何故こんなことになるのかというのは、それはあまりの練習の過酷さに精神などが付いていかなくなってしまったのだろうと、分析できる。

楽器は常に反復練習を繰り返していかなければならない、どんなに楽器に対して熟知しているプロの音楽家も毎日楽器に接していなければならない。適度に休憩は必要だ、しかしその休憩が度を越えたものになってしまうとすぐに技術を忘れてしまうというのです。プロでこんな状況に陥ってしまうというのに、初心者がまだ技術も何もないときからギターを触らない生活になってしまうと、あっという間にギターが邪魔にだからお蔵入り決定、なんてことになりかねないからです。

初心者の人は毎日触って練習をする、時間に関係なく必ず手に持って弦を触って弾いていなければすぐに忘れてしまいます。技術的な面でもそうですが、その中に弦を押さえる指の筋肉が衰えてしまうといった問題もあるからだ。ギターを押さえる際に、指の筋肉を常に刺激するように動かしていないと鈍ってしまう。どこぞのアスリートのようにも感じるかもしれないが、これが現実だ。間隔が空いてしまうとその分だけリハビリ期間が長くなってしまうので、本当にうまくなりたいと考えている人は練習に練習を重ねていくことを目標にしなくてはならない。