これをするだけで上達する

これをするだけで上達する

こんな細かいところに気をつけることも大事

アコースティックギターの練習は教本を参考にするか、教室にいって実際に指導者の下で練習するかについては個人の判断に委ねられるところだ。自分で最後まで勉強することができるならお金を掛けずに教科書一つで勉強を、というのももちろんありだ。ただそうなると自分で自分に厳しくできる人でないと中々モチベーションを保つことはできないかもしれない。自己練習をするということは、結局は自分との戦いでいかに勝利できるかどうかが鍵となる。継続は力なりとはよく言ったものだが、その言葉をいかに忘れないようにしていられるかもギター上達への近道となる事は間違いない。

本人のやる気次第によって習熟度は大きく変わってくるだろうが、その他にもこんなところに注意しながら勉強して行くと更にギターが上達できるかもしれない要素もある。知っている人は知っていることで、そして実際に試している人もいる、そんなギター上達のためにこんな事をしてみるだけで気持ちの向上と共に、技術的なレベルも数段階上がるかもしれないという可能性を持つことが出来る。では具体的にどんなことをしていけばいいのか、ここではそんな話をしていこう。

両指の爪の長さによって上達度が違ってくる

ギタリストにとって爪の長さは重要だ、ということはギターを習ったことがない人でも良く聞く話だろう。ギタリストの爪とギターに触った事のない人の手だとその違いを一目で確認する点がある。それは『両指の爪の長さ』だ、ギタリストは常に爪の長さを意識しておかなければならないという。しかし両指共にただ長ければ良いというわけではない、そもそも爪を長くしておかなければならないのは『右手』の方であって、左手の指の爪はむしろ『短くしておかないといけない』と、必須事項と言っていいほどの制約を課してもいいほどの問題になってくる。

もちろんだが、深爪するほど短くというわけではないのでそこまで過度に気をつけていなければならない。ただ少しでも気になるようならこまめにカットしていった方が良いということだ。左指の爪もそうだが、右指の爪もそれなりに意識して爪の長さを気にする必要はもちろんある。ではこの両指の爪についてもう少し話を掘り下げていこう。

爪の長さについて

左指の場合
左指はなるべく深爪しない程度までの長さにするように意識していること。爪が少しでもある場合だと、左手でコードを押さえる時にうまく押さえることが出来なくなってしまうなどの問題が出てくるので、左手の爪は節度よく短くしておく。
右指の場合
反対の指、右指の爪については長いことに越したことはないというわけではない。あまりに長すぎるとそれはそれで爪が割れてしまうという問題も出てくるが、右の爪は人によって長さが変わってくる。しかし基本としては爪の長さは『1mm』程度まで伸びているくらいが最適だとする考えが強い。ピックを使わないで爪で弾くことを考えている人は、むしろ長さと強度的な面で過度に長くしすぎないようにしておこう。

長さを決めるポイントとして

右指の爪は長さは人によってバラバラとなっているのは、その長さによってギターの音色にどの程度の影響と、また自分が心地よい音を奏でられるかどうか、という点などにもよるところだが、一般的に爪の長さを決める時に要点としては次のようなところに注目していけば、理想の長さが決まるかもしれない。

  • 1:綺麗な音が出るかどうか
  • 2:大きな音が出るかどうか
  • 3:爪の長さによって、弾きやすいかどうか

この三つのポイントに気をつけながら爪の長さを検討していくことになる。ギタリストのこうした爪独特のこだわりは楽器演奏に直接影響を及ぼすことになるので、こだわりが出るところだと考えられる。しかしあまりに長すぎる爪だとかえって演奏している最中に爪に掛かる負担は非常に大きいのも薄ら理解できるだろう。ギターの弦は決して柔らかいモノではない、何回も引いていけばいくほど爪も有限なのでひび割れなどの症状が出てしまうこともある。そのため適度にケアして行くことも肝心なわけで、プロとして活動している人は爪を保護するためにマニキュアやトップコートなどを愛用している人は非常に多い。こうなると男女に関係なく、ネイルサロンが人気を呼んでいるのも分かる気がする。

自分にあったアコースティックギター選びを

初心者の人には爪の長さを意識して、といっても始めの頃からそこまで意識的に爪の長さを気にする段階でもないだろう。先ずはコードを覚えてまともに弾けるようになるところに行かないと爪問題にまで辿り着くことはない。その点にそれなりに注意を払っている程度で良いとしても、そもそもギター本体に対して何かしら気を配っているかどうかという点についても、意識しなければならない問題もある。その問題とは、『本当にギターが自分に適しているかどうか』ということだ。

ギターと一言で言っても種類などによって大きさや形などの全体的なバランスが異なっている、その点に注目してギターを選んでいかないと買ってから自分の背丈などに合っていないから弾きづらいという局面に差し掛かってしまうことになりかねない。ではどんな点に注意して自分に適したギターを選べばいいのかですが、気をつけるべき点として二点ある。

  • 1:自分の体と手が、ギターとの相性が合っているかどうか
  • 2:チューニングをキチンと行えているかどうか

この二点に注目することで、よりギターを学んでいく中で成長して行く事が出来るかどうかも鍵となる。ギターが自分の体と手の大きさに対して持ちやすいかどうかは実際に持ってみないと分からないこともあります。手の大きさによっては持ちにくいこともあれば、小柄な身体なのに不釣合いな大きさのギターを持ってもうまく演奏することはもちろん、上達することも中々難しいところだ。自分が使いやすいかどうかによって決まってくる。

大きさもそうですが、ギターそのものの音階をキチンと整えるためにチューニングを行うことが出来るのかどうかも重要だ。ネックが反っていたり、状態によってはチューニングを行うことが出来ないギターというのもあります。然る話、チューニングが出来ないギターなど持っているだけでただの粗大ゴミ同然です、直すことになったら余分なお金を払ったりしなければならないのでそういったところも注意しながらギター選びを行っていきましょう。上達するにしても、先ずはギター本体をキチンと管理できているかによっても左右される。