【簡単】ギター、弾き語りの初心者さんがまず覚えるべきコード4つ

弾き語り
トミー
トミー

・ギター、弾き語りを始めたところなんだけど何から覚えたらいいのかな?
・簡単なコードだけで弾ける曲はあるかな?
・買ったほうがいいものあるかな?

今日はそんな疑問にお答えしましょう!

 

本記事の内容

 

プロシンガーとして歌うお仕事をして約15年、ネットラジオやYoutubeの収録も合わせると、演奏しない日はない。NHKの「クローズアップ現代」にも出演し、ジョン・レノンの弾き語りもさせてもらった。
そんなトミーがギター、弾き語りを始めたばかり、またはこれから始めようというあなたの悩みにお答えしていきます!

1.ギター、弾き語りの初心者さんがまず覚えるべきコード4つ

ギター、特に弾き語りがしたいと思っている人にとって、まず覚えなくてはいけないのがコード(和音)の押さえ方と名前だね。

でもギターコードブックや、Webサイトのコード表なんかを見ると、山ほどコードがでてくるよね。

とてもじゃないけど、こんなに覚えられない・・・^^;

でも心配はいらない。

とりあえず初心者さんが覚えて練習すればいい4つのコードがあるので、まずはその4つを練習しよう!

G

Gメジャーコードダイアグラム画像

Gメジャーコード

コードダイアグラム(図)上の押さえる指は

人・・・人差し指
中・・・中指
く・・・薬指
小・・・小指
◯・・・何も押さえずに弾く(開放弦)

という意味で、下の数字はギターの何フレット目を押さえるか、弦は下から太い順に6弦、5弦・・・となっています。

なのでこのGメジャーコードは、6弦の3フレットを薬指、5弦の2フレットを中指、1番細い1弦の3フレットを小指で押さえるっていうことだね。

最初は特に小指が不安定で、指先が痛くなるかもしれないけど、頑張ろう。

人によっては中指➡人差し指、薬指➡中指って押さえる人もいるので、自分の押さえやすい指でOKだ。

C

Cメジャーコードダイアグラム画像

Cメジャーコード

Cメジャーコードはギターの指板を斜めに横断する形で押さえるので、押さえた指の腹が他の弦に触れてしまわないように、押さえる指の第1関節を立てるという意識で押さえるようにしよう。

厳密にはこのCメジャーは、6弦の開放は弾かないっていうのが正しいんだけど、最初のうちは細かいことは気にせず、弾いてしまってもOKだよ。

和音の構成的にはCメジャーコードに含まれる音なので、不協和音にはならないからね。

D

Dメジャーコードダイアグラム画像

Dメジャーコード

Dメジャーコードは三角形の形になるコード

このコードは弾いてはいけないという弦が2本もあるけど、これも最初は気にしなくてOK・・・なんだけど、できれば1番太い6弦は弾かないほうがいいと思う。

コード構成音に含まれない音なので、6弦開放を弾いてしまうと音が濁ってしまう。

押さえるのに慣れてきたら、親指で6弦に軽く触れて音が出ないようにするか(ミュート)右手のピッキングで弾かないようにできるとベターだ。

Em

Eマイナーコードダイアグラム画像

Eマイナーコード

今回覚える4つのコードの中で唯一のマイナーコードだね。

押さえる指が2本だけなので一番ラクだし、弾いてはいけない弦もないね。

このコードも押さえる指は、人差し指と中指の人もいるので自分のやりやすい指で押さえればOK

2.少ないコードで弾ける曲を紹介

では少ないコードで弾ける曲をいくつか紹介しよう

カポの表記はオリジナルの原曲キーで演奏する場合です。

「2カポ」の場合は2フレットにカポタストを装着すれば、G, C, D, Emのコードで弾けるようになる。

また、女性ヴォーカルの曲を男性が歌う場合、カポを下げるとキーを合わせられるでしょう。

男性曲⬅➡女性曲のキーの変換についてはまた別の記事で書こうと思います。

 

いいんですか – RADWIMPS

ラップ調のノリの良い曲で、後半 AF がちょっとだけ登場するけど、それ以外は4つのコードで構成されている

夢の中へ – 井上陽水(1カポ)

井上陽水は元々フォークシンガーということもあって、弾き語りしやすい曲が多い

後半に一瞬だけ難関 B7が出てくるのでそこは D に置き換えて乗り切ろう!

 

スタンド・バイ・ミー – ベン・E・キング(2カポ)

同名映画のテーマ曲でジョン・レノンのバージョンもあるスタンダード・ナンバーだ

 

 

プリーズ・ミスター・ポストマン – ビートルズ、カーペンターズ(2カポ)

オリジナルはモータウンのマーヴェレッツだけど、カーペンターズやビートルズのカバーが有名な楽しい曲

 

カントリーロード – ジョン・デンバー(2カポ)

カントリーの定番中の定番で、日本語の歌詞バージョンもあるね。

後半のブリッジに1度だけFメジャーコードが出てきてしまうので、そこ以外は4つのコードでいける。

Fを習得するその日までは誤魔化すか、Aメロとサビだけでもじゅうぶん成立する曲だ^^

22 – テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトのノリのいい曲

Cadd9 というややこしいコードは C のままでもOKだ

3.あれば便利なものを紹介

カポタスト

上で紹介した少ないコードで弾ける曲を原曲キーで弾くには、曲によってはカポタスト(通称カポ)でキーを調整する必要がある。

押さえるコードを簡単にしたり、男性が女性ヴォーカルの曲を歌うために(またはその逆)キーを調整するためにも弾き語りには欠かせないアイテムだ。

カポタストにも色んなタイプがあって、どれを買っていいか迷うと思うので、僕も実際に今も使っているオススメのカポタストを挙げておこう。

SHUBB ( シャブ ) / S1

色も大きさもギターに付けた時に目立たないし、装着もカンタン

SHUBB S1はアコギにもエレキにも使えて、音の安定感も抜群という定番中の定番カポタストだ。

 

実際にSHUBB S1を僕のギターにを装着したところ

s1装着

 

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / TRIGGER CAPO ACOUSTIC FLAT BLACK

TRIGGER CAPO ACOUSTIC FLAT BLACK

JIM DUNLOP / TRIGGER CAPO ACOUSTIC FLAT BLACK

スプリングの力で挟むタイプの定番カポ

アコギの弦の太さやネックによっては挟む場所によってビビリが生じることもあるけど、装着が一瞬なのでライブでも使いやすい!

エレキやネックが薄めのアコギには使いやすいカポなので僕も愛用している。

GLIDER ( グライダー ) / THE ROLLING CAPO

曲の途中で半音上がる転調する曲のためだけに使う特殊なカポ(笑)

用途が用途なだけにそういう曲をやることになった時に、あれば便利かなという感じ

 

実際にローリングカポで半音上げる操作

チューナー

ギターの練習を始める前には必ずチューニングをするクセをつけよう

常に正しいチューニングのギターで練習することはとても大切で、慣れてくるとチューニングが狂っていたらすぐわかるようになるよ。

SNARK ( スナーク ) / SN-5X

チューナーもいろいろあって、スマホのアプリでもあるんだけど、やっぱりパッとギターを手に取って練習しようとした時に、スマホのアプリを立ち上げるのは、ちょっとしたことだけど僕は面倒くさい^^;

それに実際のライブでは使えないしね。

僕はヘッドに挟むクリップタイプが好きで愛用しているんだけど、視認性、操作性、音への反応の点でこのSN-5X一択です!

カラー表示で暗いところでも見やすい

そして多くのクリップチューナーが本体の後ろ側に電源ボタンがあるのに対し、これは前面にスイッチがあるのでとても使いやすい!

後ろについてるタイプは機種によって電源の場所が違ったりして、たまに借りたチューナーを付けて電源を入れようとすると、なんか違うボタン押してしまったりとかがあるので、前にスイッチがあるSN-5Xはとても考えられていると思う。

 

 最後に

トミー
トミー

G、C、D、Em の4つが押さえられて、コードチェンジもスムーズにできるようになる頃には、他のコードも押さえられるようになるので、弾ける曲がどんどん広がります。

毎日ちょっとでもギターに触って、コードを手に馴染ませましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました